浦和あんど遠野さまよいびと
urawatono.exblog.jp
Top ;Log-in
<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
|
|
2014年 08月 29日 |
f0113163_20505770.jpg

ああやっぱ、しっくり来る

お盆の時は、なぜかこの町に来てしまう
体内のDNAに刻まれた何かが呼び覚まされるからだろうな



f0113163_20513143.jpg

お迎えの火を見ながら、ふと思う

最近、人の生死というものに真剣になったというか、
真面目に向き合うようになった

まぁ色々とあったからで、それなりにショックだったし、
考えさせられる事が沢山あったからで・・・



f0113163_20514155.jpg

亡くなった人は、いつまでも心の中で生き続け
生きている人は、継続的に自分に対して影響を与え続ける

とりあえず、その辺りの結論に行きついた訳です

f0113163_20513531.jpg

ところで・・・
某所でコイツを見た後に、悲劇が・・・

一部の方は御存知かと思いますが、
おちこんだりもしたけれど、私はげんきです(ww



f0113163_20523630.jpg

さてさて気分転換に、とある店に行きました
店内にツバメが生息している場所です



f0113163_20535978.jpg

はい、ご存じの場所です(w



f0113163_20524348.jpg

まったく変わらん!だが、それがいい

変化著しい遠野で、変わらない幸せを噛みしめながら、
僕の夏休みは終わりました







ふ~夏ギリギリで更新できたよ(汗

夏っぽい曲でも紹介しようかな?
アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」のOP曲「青い栞」

「なんだアニソンかよ」って思うなかれ。大人が聴いても良曲と感じますよ
どうぞ、とても爽やかなテイストを御堪能くださいませ
2014年 08月 10日 |
f0113163_2361650.jpg

では、後編に行ってみようか!

正直ね、上の階に行くほど、
チョイ複雑な気持ちになってきたんだよね
ラジ館を壊す必要って有るのかな?ってね



f0113163_2373552.jpg

壁を見ると、3.11の時の補修跡が有る

そうなんだよね。これが理由なんだよね。
元々3.11以前から、耐震性の理由で取り壊しは決まっていた
あの地震は、奇しくもそれを証明してしまった



f0113163_2374823.jpg

オタ世界では、知らん奴はいないボークス

ショーケースでは、随分と世話になった
思い出としては、とにかくエアコンの効きが悪いという印象(ww
今は、新ラジ館と駅前のアドアーズ横のプレハブハウスで営業中でふ



f0113163_2382749.jpg

さあ、いよいよ最深部に突入!

「株式会社秋葉原ラジオ会館」
部外者が立ち入れない区域だったので、
ちょいドキドキだったよ(w



f0113163_23842100.jpg

応接室は広々として、日当たりがとても良いね

豪勢な応接セットは、すでに撤去されていたが、
落ち着いた雰囲気は、今も感じられる

いよいよ、隣の社長室に入りますよ♪



f0113163_2385393.jpg

うん、これが噂の社長室
伝説の人物だった、故七條兼三氏の部屋です

日本列島がバブルで沸いた時
都内で秋葉原だけは、地上げの嵐を受けることが無かった

秋葉原経済界の有力者だった七條氏と
神田明神がタッグを組んだからと言われていて、
地上げ業者に対して、この土地を指一本触れさせなかったらしい



f0113163_239688.jpg

小規模のビルが地上げ屋にターゲットにされる事無く存続し、
そのスペースに多くの多種多様な店舗が進出し、
現在の独特な文化のアキバが形成された

まさにラジ館と神田明神の結界が、
地上げ屋の侵入を防いだのである

f0113163_239348.jpg

うん?
社長室の隣には、和室が見える
土足厳禁なので、靴を脱いで上がってみると・・・



f0113163_239465.jpg

なんと、和室と庭園が!

聞くところによると、七條氏は将棋界では有名な旦那だったみたいで、
この場所で、何度も名人戦が行われたらしい(驚)
また各界の大物を招いては、懇談の場所として利用されたという



f0113163_2395986.jpg

正直、驚いた!マジでビックラしたよ!

いつものラジ館の上に庭園が有ったとはね
それも由緒正しい場所だったとは・・・



f0113163_23101676.jpg

終点の屋上はまもなくだね♪
関係者以外立ち入り禁止エリアに、いよいよ進入だわ



f0113163_2312261.jpg

見たことない風景

上を見上げるばかりのオノデンとゲーマーズの看板と同じ高さにいる!
いつものアキバでは感じられない開放感
目線が違うだけで、こんなに街が変わって見えるのか・・・ちょい感動です



f0113163_231029100.jpg

屋上では、出店が出てまふ

おい!水色のまゆしぃ☆が写っている(ww
シュタゲーの聖地だけあって、コスの人が沢山いますた



f0113163_23103984.jpg

過去の建物「旧ラジ館」から現在のアキバを見る

あの時のアキバには、ヨドやUDXはもちろん存在していなかった
僕は中央通りでNECの8bitパソコンを眺めながら、
憧れと羨望の眼差しを向けていた
いつも一緒に行くダチは、ラジ館とラジオセンターで電子部品を物色
それはそれは濃密で貴重な思い出

あれから何年経ったのか?

まだ僕はアキバにいる
きっとココは居心地が良いのだろう
by hiroyu34 | 2014-08-10 22:20 | 日常 |
2014年 08月 03日 |
f0113163_9594687.jpg

ついに新生ラジオ会館がオープンしたよ!

昔の雰囲気に慣れ親しんでいる自分には、
少々の抵抗感のようなもんを感じるけど、
それはそれで、ラジ館が戻って来てくれた事を喜びたいな(≧∇≦)



f0113163_1003223.jpg

これが以前のラジ館。お馴染みの黄色い看板
ビルの中は小店舗が立ち並び、まさにアキバの九龍城な雰囲気だった

今回は蔵出しエントリー
ラジ館の最後の日々とシークレットな場所にご招待しまふ



f0113163_1005367.jpg

三年前の夏の日に、こんなイベントをしていますた
「大納涼祭 最初で最後のラジ館夏祭り」
「全館解放!!館内最後の撮影チャンス!!」

行くっきゃないでしょ!ラジ館マニアとしては
入場券もゲットして、行ってきますた



f0113163_1024358.jpg

ラジ館前では、メイドさんが入場のお仕事をしてまふ(w

時間前から、多くの人々が並んでいた
最後の姿を見ておきたいという人、
僕みたいに、中坊くらいから世話になっていた人などなど
それぞれのラジ館との最後の時間を楽しんでました



f0113163_103094.jpg

これこれ!
入口のエスカレーターに乗って行くんだよな、懐かしい!
んで、エスカレーターは4階までだから、後は階段で上に上がるんだよね



f0113163_103751.jpg

笑顔のステキなメイドさん

この写真は、完全に僕の趣味で貼っていまふ!(ww



f0113163_1064191.jpg

中はご覧のとおりです

旧ラジ館は小さい店舗がひしめき合い
怪しい雰囲気というか、アジアンな感じを醸し出していて
まさに九龍城な建物だった

写真を見ているだけで、昔の記憶がよみがえり
チット、胸が熱くなるのを感じます



f0113163_1071961.jpg

フィギュアの雄「海洋堂」
店頭の等身大近い綾波フィギュアがトレードマークだったね

「56」の数字はオークション番号です
館内のあらゆる物が、オークションにかけられてますた
僕も何気に欲すかったなぁ~(w



f0113163_107273.jpg

店内もこの通りです
後は、取り壊される日を待つだけです



f0113163_1082120.jpg

ある一室では・・・・

アニメ好きなマニアの皆さんが
アキバを舞台にしたアニメ「シュタインズ・ゲート」のワンシーンを再現していた!
物語の始まり、ラジ館の一室で岡部倫太郎が血塗れの牧瀬紅莉栖を発見したシーンだよね



f0113163_1083236.jpg

これがそのシーン
ラジ館が解放されなければ、絶対に出来ない事だよね?
この日に合わせて、マニアの方々は準備してきたんだろうな

ちなみに僕はシュタゲー大好きでふ。牧瀬紅莉栖がオキニでふ(w


f0113163_1085593.jpg

あと、作品中で人工衛星がラジ館に激突し現れたシーン
これもラジ館の協力で再現されてまふ



f0113163_109215.jpg

これはレアな写真だよ(w

こういうのって、「愛」を感じるよね
アキバとアニメを含めた「萌え文化」の関係を否定しまくる人っているけど、どうなのかな?

確かに昔の店は少なくなっているが、
古き良き電気部品街としての文化は残っているよ
(僕だって仕事の機械の部品をアキバで調達している)
したたかにアキバの見えない場所で、古い文化は残っている
そして表の目立つ場所では、萌えがアキバをリードしている

今度書くけど、アキバをダメにしたのはA〇B48だよ。
萌え文化を利用して、金儲けに利用した連中でふ



f0113163_1092856.jpg

そして、K-BOOKSの跡地に到着

何度、このレジに並んだ事か?
うん、とにかく懐かしい!

f0113163_1093558.jpg

本を片付けたら、こんなに「カーン」と開けた空間になった
いつもオタ達で賑わっていた店内

現在は、また新生ラジ館の中核店舗として戻ってきますたよ♪



f0113163_1094482.jpg

注文カードの残骸を見ると、少々寂しい気持ちに・・・

後編は、いよいよラジ館の未知なる場所へ!
ラジ館と、とある神社がタッグを組んだ話しなど、
昭和の秘話を織り交ぜながら、ラジ館の最奥部にご招待!
by hiroyu34 | 2014-08-03 12:15 | 日常 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項