浦和あんど遠野さまよいびと
urawatono.exblog.jp
Top ;Log-in
カテゴリ:ごあいさつ( 3 )
|
|
2008年 03月 09日 |
f0113163_9361525.jpg

この一年ほど、浦和の街が沸騰した年は無かったのではないか?
東口パルコ開店、浦和レッズのアジア制覇・・・

西口の伊勢丹への人の流れは、確実に変わったような気がする。
また赤サポータ達も、レッズが国内タイトルを取るぐらいでは納得しなくなってしまった。
f0113163_9365383.jpg

「人の欲の果ては無い」

買い物は伊勢丹だけで充分だった浦和市民は、都内と商品が同じレヴェルのPARCOに流れていった。
「出来の悪い我が子だけど可愛い」って言っていたサポ達はレッズに常勝を求めるようになった。
f0113163_9371244.jpg

古き良き旧中山道は、歴史ある店舗が取り壊れて、新築マンションが建てられている。
幼い頃から見てきた「浦和」は確実にその姿を変えようとしている。

でも、ワカッテいるんだよ。街は生き物だっていうコトを。
f0113163_9372773.jpg

どんなに姿・カタチが変わっても、その「本質」が変わらなければそれでいい。
この一年で絶対っていうコトに固執しなくなった。
柔軟になったのか、それとも流され易くなったのか・・・

一つだけ言える。ブログを始めて「浦和」がもっとスキになった。
f0113163_938412.jpg

「遠野」のコトも、もっとスキになった。

でも未だになんでスキなのかはワカラナイ(w
まさに不思議の里ならではのマジックのようである。
(定番と言われている場所に何度行っても飽きないんだよね~)
f0113163_9391086.jpg

特に惚れ込んだのが「空」だった。
ありえない造形物(爆)と、ドコまでも広がる遠野の空。
コレ見て、「萌えないなんてアレですよw」ってぐらい嵌ったものである。

お六さん見て、空見て、大きく呼吸して・・・この冬の遠野行で何度コレやったか・・・
とにかく「気持ちイイ!」のである。
f0113163_9394970.jpg

その魅力に嵌って、こんな姿になってしまった・・・
アレは・・・真夏の幻(爆)

いい歳したオトコがこういうバカをしてしまうのが、不思議な里「遠野」の魔力なのです。
f0113163_940215.jpg

この一年でブログを通して、沢山の方々と交流を持つ事ができました。
その皆様のコメントのお陰で、ここまでやって来れたのだけは確かです。
(開始当初は半年限定のつもりでした・・・)
f0113163_9401486.jpg

今後はインテリジェンス溢れるエントリ・・・・パラッパラッ(今後のエントリーリストをチェックしています)

すんません~バカエントリーが目白押しです!(爆)

一年間、本当にアリガトウ御座いました。そして今後とも宜しくお願いします。
2008.3.9  萌都に逝く直前のひろゆ
2007年 04月 13日 |
「浦和あんど遠野さまよい人」をご訪問いただきありがとうございます。
浦和と遠野というまったく繋がりの無い町を題材にブログをはじめてしまいましたが、
なんとか一ヶ月目を迎えることができました。
このブログをはじめて、益々「浦和」と「遠野」に対しての想いが高まってきたのを感じます。
また、いろいろな方々からのコメントも僕にとってすごくチカラになります。
どうかこれからもご教示いただけましたら幸いです。
これからも、変わりゆく「浦和」と愛している「遠野」を発信していければと思っております。
f0113163_21213426.jpg

僕の大好きな場所です。
橋の向こうにはきっとあなたの知らない遠野が・・・あるハズです。

f0113163_21272292.jpg

僕の知り合いのマメネコから作ってもらいました。
名前は・・・・・「カリソ」ちゃん(爆)だそうです。
人慣れしてなくて、自信なさげな感じにしたかったらしいです。(なんちゅー設定だ・・・)
ということで「カリソ」ちゃんもヨロシク。

※これからも月・水・金の週三回更新予定です。
2007年 03月 11日 |
はじめまして、浦和在住のひろゆと申します。
このブログでは週数回、浦和の今と岩手県遠野を紹介していこうと思います。
残念ながら遠野の写真は2年前の物ですが、今年のお盆にでも帰省した時は
最新の遠野を撮ってこようと思っております。
基本的には浦和サイドと遠野サイドを交互でやりたいのですが、
手持ちの遠野写真が。。。

f0113163_10234225.jpg


ご存知遠野の表玄関の遠野駅です。
うろ覚えだけど昭和25年建築の建物だったような気がします。

f0113163_102804.jpg


僕の遠野入りはいつも車なので綾織ですが、
電車の方はここが遠野ワールドのスタート地点です。
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項