浦和あんど遠野さまよいびと
urawatono.exblog.jp
Top ;Log-in
■ 花曇り
2013年 03月 28日 |
f0113163_2254328.jpg

遠い国にいる君
桜がついに咲きました
君が何度も「咲いたかい?」とメールしてきたけど
平年よりも大分早く満開になったよ




f0113163_226128.jpg

僕が写真を添えて送ったら
君はメッセージをすぐに寄こしたよね

感謝の言葉と・・・「少しだけ乗り越えました」と書いてあった




f0113163_2263043.jpg

君の身の上に起きた出来事
僕はここんとこ、ずっと心配していたよ

こういう時になんて言ったらいいのだろうか?
君にどのような言葉をかけてあげるべきか?
僕はずっと悩み、迷っていました



f0113163_2264140.jpg

「あなたの心に早く春が来ますように」
僕はベタな言葉しか書けませんでした

あまりにも重すぎる話しだし
君と僕との国のシステムが違い過ぎるし
なにより距離感が有りすぎて、僕自身の中で無力感を感じてしまった



f0113163_2265377.jpg

それから少し経って、桜が開花する直前
君からのメールはとてもポジティブだった

運命を受け入れ、その事実とともに生きる覚悟が綴られていた
胸を打たれたよ、ホントにね・・・
その時、僕は西を向きながら、君の幸運を祈ったんだ
これ以上、君が困らないようにってね



f0113163_2271580.jpg

最近、君が以前の君に戻ってきたような気がする
もちろんまだ半分くらいだけどね(笑)
でも、こんな早い時期に復活できるなんて思わなかったよ

春がやって来たとはいわないけど、
雪解け水ぐらいは、流れ始めたよね?
そんな気がします



f0113163_2273691.jpg

「終干盛開花了!」(ついに満開になりました)
僕のメッセージに、君はスマイルマークで答えてくれた

満開の桜は一瞬だけど、
気持ちしだいで人生はずっと満開だって思うんだけど
きっとそうだよね?
by hiroyu34 | 2013-03-28 00:15 | 日常 |
<< 今日は酒がうめー ページトップ 芋洗いで厨二病 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項